CDC CDC

No.018 / 2020.11.11

TOPICS / goods 掃除道具を探して

 

窓を開けて一気に取り入れる、外の空気と日差しが気持ちよい季節になりました。冷たい水を触る億劫さもいつの間にかなくなって、家事もしやすいのではないでしょうか。すっきりと整ったお部屋に通る風はすがすがしさも一入です。今回は、お掃除のモチベーションをあげてくれるアイテムを集めました。

思わず手を伸ばしたくなる素材感やインテリアの一部となるような佇まい。道具が変われば、気持ちも仕上がりも変わります。掃除に苦手意識がある方は、形から入るのもありだと思いますよ。

「毎日の掃除」「週末の掃除」と身がまえず、気づいたときにささっとキレイにする癖をつければ、積もり積もって未来の自分が楽になるはず。じめじめした梅雨がやってくる前に、お気に入りの道具と共に、小さなお掃除習慣を身に着けましょう!

 

 

 

気になったときにサッと取り除きたいほこりや髪の毛などの小さなごみには、小回りの利くハンドブラシやモップが活躍します。見える場所に置いてもさまになる、お気に入りのデザインのものを選ぶと掃除のハードルがぐんと下がりますね。ちなみに朝の時間帯は、前日にたまったほこりが落ち切っている状態なので、お掃除に最適だそうですよ。

 

皮脂や手垢など酸性の汚れにはアルカリ性洗剤を、石鹸かすや水垢のアルカリ性の汚れには酸性洗剤を使うのが鉄則です。合成洗剤に頼らず、クエン酸(酸性)、セスキ炭酸ソーダや重曹(アルカリ性)を使って手作りするのもいいですね。水滴も油跳ねも、軽い力で落とせるうちに拭き取ってしまいましょう。ちょっと億劫ですが、たった数分でできると思えばなんだか続けられそう。

 


 

 

 

意外にもCDCはバケツ類が豊富でした。水拭き掃除の他にも漬け置きや漂白、ゴミ箱がわり、屋外で使ったり道具の収納にも役立ちます。ホームセンターで適当に買うのでは味気ない!サイズは様々、昔懐かしトタン製のものから外国製のポップなものまで、個性豊かなバケツを集めました。

BUCKET LIST

BACK NUMBER